· 

意識が生まれるわけ

ヨガには「意識」や「感情」に振り回さる自分を制御したい!という大きなテーマがあります✨
脳科学的に、脳の「扁桃体(へんとうたい)」とい部分が感情に深く関わっているそうです。
「扁桃体」はあらゆる感覚器官から信号が受け取り、その信号を過去の経験と照らし合わせています。それは無意識に行われているそうです。
また同時に「扁桃体」は他の脳の部分と連携し、これらの信号に対して「快・不快」の判断が行われます。
脳には「報酬系」という回路があり、生きるために不要・邪魔と判断されるものには不快な感情が起こり、必要で利益になると思えば脳がドーパミンを発生され、快楽を得られるようになっています。
ドーパミンは喜びや楽しさとともに、その欲求をもっと満たしたい、という「欲」も促します😯
こう見ると、ヨーガ哲学に共通する部分もたくさんあって面白いです✨
感覚を受け取る扁桃体はサーンキャ哲学の「マナス」でしょうか?。
他にもヨーガのキーワードがたくさんありますね。
こういうことも考えて哲学が瞑想に取り組むのも、ヨーガを深めるキッカケになるかも。
みたいな(=゚ω゚)ノ