· 

「理解」について

「沈黙は金」という言葉があります🥇
余計なことは言わない。
高倉健さん的な、寡黙で内に秘める渋さというか
「男は黙って行動するのみ」
みたいなイメージがありますが、時代に添わないのか、あまり使われませんね。
実はこの言葉には続きがあって
「沈黙は金、雄弁は銀」
というそうです。
前半と後半で同じテーマのことを言っているのなら、雄弁は相手になにかを伝えること、なので、沈黙も対象に自分の意思を伝える手段なのだと思います。
沈黙で伝えるということは、言葉ではなく、相手に悟らせる、気づきを与える、ということかなーと。
言葉の理解、分別の理解は、まだ真の理解、真に身についたということではなく、
あ、そーか!
という分別を超えた段階、言葉にならないところでの体験で、初めて理解した、身についた、と言えるのだと思います。
武術の例えで恐縮ですが、パンチに自分の体重を乗せる、重さを乗せることが出来るようになります。
言葉で散々教えてもらってもサッパリなのですが、練習して出来るようになって、初めて教えてもらってた意味が解る。
で、一度体重を乗せられるようになると、今度は乗せないということが出来ない、何をしても、その気が無くても体重が乗ってしまう。
そういう意識・身体、そういう生き物に勝手に変化する感じ。
真に理解する、身につけるとは、そういうことなのだと思います。
瞑想も同じで、いくつかそういう段階があります。
小さな変化から大きな変化まで。
焦らずコツコツ続けていけば、自然とそのときが訪れます。
今日の瞑想でちょっといいことがありました😊
だいたいそんな感じ(=゚ω゚)ノ