指先の意識

クラスでは、常に身体を伸ばして、開いてアーサナをするよう声掛けさせていただいています🧘‍♂
気功や太極拳などでは「伸筋抜骨」といって、筋肉・筋膜を伸ばし、関節に隙間を作るように開くことで、気血の巡る身体を作ります。
アーサナもガチガチに筋肉にチカラを入れてポーズを取るのではなく、身体を開くチカラ、伸ばすチカラでポーズをキープします。
ヨガのアーサナは外から見ると止まっているように見えますが、常に伸びようとするチカラが働いています。
戦士のポーズ2の腕も、肩の高さに固定しているのではなく、ずっと伸ばそうとしています。
外から見ると止まっているように見えても伸ばし続けている。
伸ばし続けている身体で呼吸をするから、身体に「気」、ヨガで言うプラーナが通る感覚を感じることができます。
身体にプラーナを通すためのポイントはいくつかありますが、今回は指先の伸ばし方について🖐
例えば戦士のポーズ2のとき、写真の上のように指を反らしている方がいらっしゃいます。
間違いではないですが、気を流すという目的から言うと、手の甲や指が反っている部分で気やプラーナの流れが止まってしまいます。
なので、下の写真のように手はリラックスさせ、親指含めた5本の指を同じ方向に伸ばします。
掌で大きなボールを指先に向かって撫でているような感じ⚽
そうすると脇が自然と引き上がって、背中からの繋がりを感じ易くなります。
手は足や背筋より敏感なので、プラーナの流れも感じ易いです。
是非試してみてください✨
.
昔、老師の友達で東京の太極拳の先生が来られたことがあって、そのとき真っ先に指先を注意されたなー。
良い思い出です🙏
みたいな(=゚ω゚)ノ